カテゴリ:日記・読書・映画( 35 )

a0005366_2135121.jpg「デグーの鳴き声はいつもその状態に対応している。人間は今いる状態ではない発声ができる。(鳥に襲われるデグーとオオカミ少年を例に)」(37p)

「脳科学の実験とコンピューターシュミレーションを研究の両輪にできれば、『言葉の起源』にぐっと近づくことができるはずです。」(119p)


どうなっていくのか期待。
[PR]
by Naotaka_Uzawa | 2010-11-21 21:49 | 日記・読書・映画

ある民族の話

ファイサル:「我が軍をイギリス軍の配下に置くのが大佐の狙いかね?」

ロレンス:「その通りです。」

ファイサル:「やむを得ない。トルコには最新式の大砲がある。しかし不安だ。心配でならん。イギリスは荒れた土地にも貪欲だ。アラビアも欲しいらしい。」

ロレンス:「拒否すべきです。」

ファイサル:「君はイギリス人だ。忠誠心がないのか?」

ロレンス:「祖国にも他にも忠実です。」

ファイサル:「イギリスにもアラビアにも?可能かな?君も砂漠を愛するイギリス人の1人だな。ダウティ、スタンホープ、ゴードン将軍。アラブは砂漠を愛さん。水や緑を愛する。砂漠には何もない。必要なものはだ・・・君たちはアラブを軽く見てるのか?無力で愚かな民族にすぎない。貪欲で野蛮で残酷だと。知っているかね、ロンドンが村落だった昔、コルドバには街灯があった。」

ロレンス:「はい、偉大な民族です。」

ファイサル:「9世紀前の話だ。」

ロレンス:「今や再興の時です。」

ファイサル:「父はそのためにトルコに宣戦した。私の父だ。イギリス人ではない。だが父は老齢だ。そして私は消えたコルドバの花園を求める。そのためには戦わねばならん。再興にはイギリス人が必要なのだ。あるいは・・・人力の及ばぬ物がいる。奇跡だ。」
[PR]
by Naotaka_Uzawa | 2010-09-25 20:11 | 日記・読書・映画
a0005366_19281643.jpgこれは面白い。様々な人が逆張りを一種のステータスのように感じている中、それを痛烈に批判しています。「群集・集団」という言葉に対する私たちの頭の中をかき回してくれる本だと思います。

クラウゼヴィッツの「大衆」に関する見方を読むときにも、いい参考になりそうな部分です。

それにしても、やはり「賭け事」にならない限り真剣な予想というものは無理なのだろうか・・・(笑)
[PR]
by Naotaka_Uzawa | 2010-06-11 19:37 | 日記・読書・映画

『アバター』

a0005366_204319100.jpga0005366_20433418.jpg話題になっていた『アバター』を観ました。SF版、『アラビアのロレンス』じゃないだろうか・・・仲間になるまでの苦労はアバターの方がツラそう。

だんだんと本当の自分より自分らしいと感じ始めるあたりは、南国に少しいた経験があるので納得です。帰るのヤダな・・・(笑)
[PR]
by Naotaka_Uzawa | 2010-05-14 20:47 | 日記・読書・映画

ボード

a0005366_23214492.jpg気付いたらこんなにボロボロに。

沖に出て乗るより(私にとっては昼寝用の場所です)、岸辺で炸裂する波が好きなので傷つきやすいのかもしれません。最近は、砂浜がなくなって地中の岩などが岸辺に転がっていることが多くなりました。毎回、底に打ち付けられながら乗っているので気をつけなければ。

運動すると食べる量も増えます。

「まるごとバナナ」を食べても全く後悔しなくなりますね。

いいのかな・・・
[PR]
by Naotaka_Uzawa | 2010-05-02 23:26 | 日記・読書・映画

久しぶりの海だ!

a0005366_20341558.jpg久しぶりにボディボードをしに海へ行ってきました。海、タバコ、読書、映画・・・懐かしい生活だ!!生き返る!

今日は暑かったですねー。水温はもうバッチシです。風がなかったら一日楽に楽しめますよ。あともうちょいこの生活です。

昔のように雪の中でも海で遊べるように体力をつけなければ。

(写真は随分前のやつです。カメラ忘れました。)
[PR]
by Naotaka_Uzawa | 2010-05-01 20:37 | 日記・読書・映画
「(攻撃的リアリズム、防御的リアリズムという用語に対して)リアリズムに修飾語はいらない。修飾語なしのリアリズムがいい」

大学でいろいろ考えていたときに(もう10年以上経つ・・・)、同じような気持ちになったことが・・・
[PR]
by Naotaka_Uzawa | 2010-04-30 21:24 | 日記・読書・映画

『少年キム』

『少年キム』(ラドヤード・キプリング著)

グレート・ゲームという言葉が一般化したのが、社会科学系の論文ではなくて、冒険小説からというのはとても意外でした。
[PR]
by Naotaka_Uzawa | 2010-04-30 20:05 | 日記・読書・映画

青山霊園

週末は最後の花見として青山霊園に行ってきました。非常に暖かいうららかな日でした。このくらいの陽気だといいですね。夕方まで楽々過ごせました。

歩いていたら、小村寿太郎加藤友三郎の墓所が!非常に驚きました。

前回の話ですが、アメリカはキルギスの臨時政府を認める方向に向かっているようですね。
[PR]
by Naotaka_Uzawa | 2010-04-11 22:33 | 日記・読書・映画

ダンス

昨日は、マイケル・ジャクソンの51歳の誕生日だったようで世界各地で催しが行なわれていたようです。そこで、今回は私がいろいろ今までブログにてご紹介してきたダンス映像を集めてみました。どれも、すごいですよ。

Fred Astaire


Michael Jackson - Black or White


I'm singing in the rain - Gene Kelly


Michael Jackson - Smooth Criminal

[PR]
by Naotaka_Uzawa | 2009-08-30 19:30 | 日記・読書・映画

For Future Reference代表。編集者、ストーリー分析など。執筆に挑戦する方とご一緒に活動しています。ブログでは仕事とは少し離れて大学時代から関心のあった国際情勢や哲学、関連書籍について発信しています。


by Naotaka_Uzawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30