民法むず!!

 ここ数ヶ月、民法に取り組んでいます。これがなかなか進まない!といっても、試験はもうすぐだ!!とにかく、悔いの残らないようにあと数ヶ月を過ごすぞ!

 ところで、民法の読み方を訓練することは、クラウゼヴィッツの『戦争論』を読み解くときにも、役に立つように感じます。特に、まず概念としての戦争を考えておいて、それを現実に合うように修正していくような読み方のところです。分量的には、多分民法のほうが多いように感じます。

 ということは、民法に根気強く取り組むことは、クラウゼヴィッツを読んでいくときにも非常に役に立つということかもしれません。
[PR]
by Naotaka_Uzawa | 2004-03-07 22:41 | クラウゼヴィッツ:戦争論読解