アメリカと印パ関係

 あまり、突っ込んだ話ではないですが、1つの参考として引用します。2002年と少し古いですが。

U.S. Department of State - Bureau of South Asian Affairs


[2002/7/18]在日アメリカ大使館から
パウエル:はい、来週はインド、パキスタン、マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイ、ブルネイ、フィリピンを訪れる予定です。

リーム:長官はインドとパキスタンについて、どのような懸念をお持ちですか。両国にどのようなことを話すお考えですか。

パウエル:もちろん、インドとパキスタン両国で、停戦ラインの侵犯とそのことに対する両国の軍隊の出動など現在の状況について協議をする予定です。しかし、インドとパキスタンに関する幅広い米国の課題についても両国と話をしたいと思っております。我々は、単に現在の危機だけでなく、より重要な問題も抱えています。我々が地域の緊張を緩和するために努力していることを確実に理解してもらいたいし、さらに、米国-インド関係、および米国-パキスタン関係も築きたいと思っています。そして、世界に、この関係を、単に現在の危機という点からだけで見てほしくはありません。
[PR]
by Naotaka_Uzawa | 2004-06-29 11:25 | 国際情勢

For Future Reference代表。編集者、ストーリー分析など。執筆に挑戦する方とご一緒に活動しています。ブログでは仕事とは少し離れて大学時代から関心のあった国際情勢や哲学、関連書籍について発信しています。


by Naotaka_Uzawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31