インド・パキスタン関係

  • 6/29

  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040629-00000010-san-int
    印パ 駐在外交官を増員 外務次官級協議終了 信頼醸成へ“一歩”

    カシミール地方というのは、中国国境と接しています。核関連の問題はこのカシミール地方とアフガニスタンが重要な通過点となっていたのではと伝えられています。つまり、印パ間だけではなく、中国にとってもこの地方は重要だったと考えていいはずです。アメリカの中央アジア進出によって、中国にとってこのルートを使用することは非常に難しくなったのだろうと思います。

     結局、カシミール地方の問題は、以前と比べてより2国間だけで話し合っていける問題になったと捉えることが出来るのではないでしょうか?つまり利害関係が以前より、少し単純になったのでしょう。

  • 6/21

  • http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040621-00000012-san-int
     現在、パキスタンは反米意識が強いながらも、国の生存(多分、こう言っていいと思う)のためにアメリカと同盟関係にあります。今回の印パ協議においてアメリカはどのような役割を果たしているのだろうか?
    アメリカ大使館

     中央アジアに進んでいるアメリカにとって、印パ関係の安定は非常に重要なはずです。結局、パキスタンがアメリカの同盟国といっても、その実体はアメリカがパキスタンの行動を抑制するためのような気がします。中国のことを考えれば、アメリカにとってはインドのほうが最終的には重要な提携相手となるような気がします。

  • 関連

  • 大陸周辺の島(3/25)
    [PR]
    by Naotaka_Uzawa | 2004-06-29 09:51 | 国際情勢

    For Future Reference代表。編集者、ストーリー分析など。執筆に挑戦する方とご一緒に活動しています。ブログでは仕事とは少し離れて大学時代から関心のあった国際情勢や哲学、関連書籍について発信しています。


    by Naotaka_Uzawa
    カレンダー
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30